愛され続けて20年。
すべてのお客様にご満足いただくために。

最新情報

2015年6月3日
周辺機器
MS910がビームせどりには最適なバーコードリーダーかと。
最近のビームせどりは低価格て高性能なMS910がバーコードリーダとして主流になりつつある感じですね。 販売元の会社ユニテックジャパンはせどらーのお金でけっこう儲かっているでしょう。 私はビームせどりが世に出た初期のことは・・・
2015年5月25日
未分類
ゲオのインストアコード対応でビームせどりの幅が広がる!
古本や中古ゲームをせどる上で仕入先として店舗の多いゲオも相当重宝します。 このゲオのインストアコードにも対応したものを選ぶと、仕入先の確保に役立つかと思います。 ゲオのインストアコード読み取りは重要です!
2015年5月25日
未分類
ブックオフのインストアコード読み取り【動画アリ】
ブックオフについては旧・せどりキングアプリでも既に対応しておりましたので問題ありませんが、 念のため、その様子を動画でまとめましたのでご覧ください。 ブックオフさんはせどらーにとってはこれ以上無い重要な場所ですし、 ここ・・・
2015年5月25日
未分類
ビームせどりアプリでやっていることは結局どれも同じ
ビームせどり用のアプリの目的っていうのはどれも同じですから、 おおまかに言うとアプリでやっていることも基本的に全部同じになります。 目の前にある商品がAmazonで売れやすいのか(在庫があるのか無いのか、ランキングは?な・・・
2015年5月25日
未分類
ビームせどりはアプリの性能次第!だからせどりキングアプリをおすすめ!
既にご存知の方も多いと思いますが、ビームせどりはアプリありき、の方法なので、 使用するアプリの機能性に依存すると言っても過言ではありません。 どんなアプリを使っても結局やっていることは同じです。 ・バーコード読み取り ・・・・

ビームせどりはアプリの性能次第!だからせどりキングアプリをおすすめ!

既にご存知の方も多いと思いますが、ビームせどりはアプリありき、の方法なので、
使用するアプリの機能性に依存すると言っても過言ではありません。

どんなアプリを使っても結局やっていることは同じです。

・バーコード読み取り
・Amazon上のデータを照合し、利益の出そうな商品かそうかを判別

大きく言うとこの2つですね。

これを前提におすすめしたいのが、アンドロイド用アプリとしてリリース中の、
せどりキング for Androidです!!

機能はいかにまとめておりますが、
最も大きいのは各店舗へのインストアコードの対応です。

せどりキングアプリ概要


せどりキングアプリの使用目的は、ビームせどりによる商品仕入れの可否判断です。
商品のバーコードから商品情報を読み取りAmazon上のデータと照合し、
利益が見込めるかをアプリ上で瞬時に判断します。

・対応インストアコード
ブックオフ
TSUTAYA

・対応Bluetoothバーコードリーダー
KDC200,MS910

【機能】

■利益見込み商品発掘

・指定条件でフィルタリング
アプリに入力したコードから商品情報を取得し、任意で設定した条件に合致しているかをチェック。
例)Amazonにて新品在庫切れ、ランキング50000位以内、など。

この時、アプリ内ではASIN・ISBN・JAN・インストアコードのいずれかの商品コードで検索して商品情報を取得しています。

仕入れ価格については、108円計算、定価の半額計算の2つが可能。
また個別で仕入れ価格を設定することももちろんできます。

※100円ゾーン、半額ゾーンの本棚をチェックする場合は、
一律にその仕入れ料金設定を適用させると便利です。

仕入れ価格を設定すれば、
条件合致商品のAmzon最安値から仕入れ価格を差し引き、おおまかな利益がわかります。


?設定可能なフィルタリング条件は以下の通り



・利益計算について

前述した仕入れ値もそうですが、せどりキングアプリでは以下の項目を利益計算に使います。

?仕入れ値
・108円
・半額
・手入力 + 円/%

?発送料金

・自己発送の場合
配送料
その他諸経費

・FBAの場合
配送料(FBA納品時)
その他諸経費
FBA在庫保管想定期間(任意)



■バーコード読み取り

せどりキングアプリの強みは、連続で何商品もバーコードを読み取れることです。
スピードが命のビームせどりですからこの点は非常に大事です。

ぜひBluetoothバーコードリーダーを使い、効率的に商品チェックをして下さい。




■出品機能(せどりキング連動)

PC用ソフト「せどりキング」を購入済みの場合、
アプリを使ってその場でAmazonへの出品が可能になります。

尚、FBAを利用している場合はこの出品機能は不要となります。
在庫を自分で管理し、自己発送で販売していく方のみご利用下さい。

MS910がビームせどりには最適なバーコードリーダーかと。

最近のビームせどりは低価格て高性能なMS910がバーコードリーダとして主流になりつつある感じですね。
販売元の会社ユニテックジャパンはせどらーのお金でけっこう儲かっているでしょう。

私はビームせどりが世に出た初期のことはKDC200iを使っていました。
でも価格が3万円くらいするので買う前の決心が半端ではありません。
せどりを始めたことの人が3万円の利益を出すのがどんなに大変なことか・・・。
でもこのMS910ならその半額以下の価格で手に入れることができます。

機能・性能的にはほぼ劣りませんが、
強いていえばバーコードをスキャンするための、コードまでの距離が制限される、ということくらい。
でもこれはあまり気にはならないレベルです。

大きさで言えばライターくらいです。
縦幅はKDCよりもちょっと長いのでそれがやや残念ではありますが、
価格面を考慮すれば全然許容範囲内です。



KDC200i時代は多少バーコードまでの距離が離れていてもスキャンできていたものが、
MS910に変わってスムーズにできなくなった感はあります。
実際、私と同じような感想を述べているかたもちらほらおられます。

まぁその辺は慣れというになるんでしょうけど、
最初からMS910を使えばそう思うこともありませんしね。

ということで、ビームせどりに最適なコスパの良いBluetoothバーコードリーダーをお探しての方は、
このMS910に決めてとっとと買ってしまうことを推奨します。
他のサイトやブログを見てもどうせその結論に至りますから、悩んでいるだけ損です。
その時間があればビームせどりで仕入れに出かけてさい。

ゲオのインストアコード対応でビームせどりの幅が広がる!

古本や中古ゲームをせどる上で仕入先として店舗の多いゲオも相当重宝します。
このゲオのインストアコードにも対応したものを選ぶと、仕入先の確保に役立つかと思います。

ゲオのインストアコード読み取りは重要です!

ブックオフのインストアコード読み取り【動画アリ】

ブックオフについては旧・せどりキングアプリでも既に対応しておりましたので問題ありませんが、
念のため、その様子を動画でまとめましたのでご覧ください。

ブックオフさんはせどらーにとってはこれ以上無い重要な場所ですし、
ここのインストアコードに対応していないとビームせどりとしてはお話になりません。

ビームせどりアプリでやっていることは結局どれも同じ

ビームせどり用のアプリの目的っていうのはどれも同じですから、
おおまかに言うとアプリでやっていることも基本的に全部同じになります。

目の前にある商品がAmazonで売れやすいのか(在庫があるのか無いのか、ランキングは?など)をチェックし、
売れるならどれくらいの利益が見込めるのか(2番安との価格差は?)を計算する、
というのが共通部分といえるでしょう。

あとはどこまで細かいところまでできるか、
動作、検索スピードはどうか、
っていうことろで差がついてきます。
でもこういうところがめちゃくちゃ大事です。

ビームせどりをやっている方の中でもけっこう大きなポイントとしては、
どれくらいの店舗でそのアプリが使えるか、ってことが1つ挙げられます。
というのも、ショップによっては商品のバーコードの上から独自のバーコードシールを貼ることが多いので、
通常のバーコードを読み取れるだけでは非力と言わざるを得ないんですね。

こういう各店で管理されているバーコードをインストアコードと言ったりしますが、
どれくらいのインストアコードに対応しているかがビームせどり用アプリの非常に大事なところ。

本サイトで推薦しているせどりキングAndroidですが、インストアコードとしてはいかに対応しています。
ブックオフ
ツタヤ

地方にある古本屋さん、中古ショップまでは完全に対応はできていませんが、
主要中古本屋としては問題ないレベルかと思います。

上記店舗のインストアコード対応については実際にバーコードを読み取っている様子の動画をアップしておりますのでこちらをご確認下さい。

ビームせどりは恥ずかしいと思ったら負け

ビームせどりは古本屋さんなどで棚の商品を一気にチェックしていくわけなので、
ひと目のあるところでやるのは恥ずかしい!という人もいます。
でもこれはもう割り切ってやるしかないですよね、はい。

というか、人がいるところでやるのはそもそも迷惑になりますので、
お客さんがいない棚を選ぶのが常識なので気にするとすれば店員さんの目でしょうか。
ただこれもマナーを守ってやれば問題にはならないと思います。
※ビームせどりを禁止している店舗でやるのは大問題ですが。

たぶん、リアル店舗でのビームせどりはお宝商品が見つかりやすい!ということを身を持って知っている人は
普通にできちゃうんだと思います。
逆に成功体験がない人は、恥ずかしい、で終わっちゃうのではないでしょうか。

別にビームせどりをやらなくてもせどりは成立するのでやらないと選択肢もありですが、
恥ずかしいという問題は人それなので結局解消のしようがないんですよね。
ちょっと結論の出ない問題ですね、こればっかりは。

サブコンテンツ

このページの先頭へ